北海道銀行RECRUITING
PERSON #04

第二新卒採用者として、期待に応えられる人材になる。

Y.F

営業店 法人融資渉外係
2023年入行

融資係として、日々管内を周り経営者の方々のさまざまなご相談を受ける。大学では水泳に明け暮れ、今も週末はジムでトレーニングに励む。スポーツ観戦が好きで、野球は大学時代から千葉ロッテマリーンズのファン。

Career Pathキャリアパス

入行前
2021年新卒で東京のメーカーに入社。営業職を1年10カ月担当し、退職。金融業界への転職のため、FP2級と証券外務員1種の資格を取得。
入行後
2023年入行、支店に配属。9月までCS(お客さまサービス)係、10月から融資係を担当。

ある出来事をきっかけに、
金融業界への熱い思いに埋め尽くされた心の中。

新卒で入社した会社とは全く違う業種の金融業界で働きたいと思ったのは、社会人1年目の夏に知人が投資詐欺に遭ったことがきっかけでした。相談されてもアドバイスや解決方法を提案することができず、自分の不甲斐なさを痛感しました。勤務先では人間関係もよく、辞める理由はなかったんですが、この経験が自分の中で大きな転機となり金融業界への思いが募りました。

北海道へ戻ったのは、転職を決めた時に当時は婚約者だった妻と話し合い、将来はお互いの地元である北海道で暮らしていきたいという結論に達したからです。北海道銀行では金融機関実務経験者のみの募集でしたが、思い切って申し込んでみたところ面接に進むことができ、それまでの経緯や転職への思いをすべて正直に話し、採用が決まりました。

経営者の方々から広がる社員と
そのご家族を支える仕事に感じるやりがい。

現在は、50社ほどのお客さまを担当し、融資係として資金繰りのご提案から経営課題の解決策など、多岐にわたるサポートに携わっています。経営者の方々と相対してヒアリングやご提案を行うことで、私の仕事がその会社で働く社員の方々とご家族の生活を、間接的に支えることにつながっていく。そのことにやりがいを感じています。

幅広い知識が求められるので日々勉強し続ける必要がありますが、新卒入行者と同じように研修を受けることができ、キャリア採用に力を入れているからこそのこうした教育環境はとても有り難いです。また研修では同期となるメンバーと交流でき、仕事の悩みや苦労を分かち合うこと、また切磋琢磨することができる環境をいただけていることにも感謝しています。今は上位資格の取得に向けて猛勉強中です。第二新卒採用であることが良いプレッシャーになり、さらに上を目指して頑張ろうという原動力になっています。

まずはトライしてみること」という気持ちで
何事にも積極的に取り組む。

社会人としてのキャリアは短いですが、前職で学んだのが「何事にも興味を持ってまずはトライしてみること」です。まだまだわからないことが多いですが、わからないからやらないではなく、まずはトライすることから始めようという気持ちでを仕事に向き合っています。たとえ間違ってしまったとしても、経験になりますし、トライした結果のミスであれば先輩や上司の皆さんはしっかりフォローしてくださいます。

入行して感じたのは、常に柔軟な考えを求められ、自分の意見を発信できること。そして何より傾聴力の高い方々が多いことです。職場の雰囲気がとても良く、時には笑いに包まれることもあり、働きやすい環境で日々仕事ができています。

自分だからできることで、
北海道銀行の発展に寄与できる人材になりたい。

第二新卒入行者だからこそできることは?と自問自答しながら、私なりの経験や価値観を活かして仕事にあたり、北海道銀行の発展に寄与できる人材になることが目標です。20代の若手社員でも取引先の会社を訪ねると応接室に通していただけ、社長自らが面談してくださることに驚きました。北海道銀行のブランド力と積み上げてきた信頼を大切にし、それが当たり前だと思わずに精進し続けたいです。

最後に個人的なことにはなりますが、水泳を18年間続けてきたので、社会人が参加する全国大会に出場し、北海道銀行の名前を広くアピールしたいという思いがあります。

キャリア採用の声