北海道銀行RECRUTING GUIDE 2022

[新卒採用]

先輩行員の声INTERVIEW

法人得意先係
法人得意先係 総合職
お客さまに頼りにされるため
情報収集や学びは欠かせません
営業店 
2016年入行
今村拓登 Takuto Imamura

都市教養学部出身。2016年に入行し、CS係を経て、翌年法人融資係に。既存の顧客を担当するほか、新規獲得の営業も精力的に行っている。趣味はサッカー観戦など。また、こだわりの洗濯を楽しむ〝洗濯男子〟でもある。

東京に進学しましたが、地元に貢献できる仕事がしたく、北海道で就職活動をしてきました。当行の面接官は私という"人間"を見て、私の話に耳を傾けてくれました。そのような"人を大切にする"先輩と仕事がしたいと、入行を決めました。

今は、法人のお客さまに融資や事業を円滑に進めるためのコンサル的な業務を行っています。信頼していただくことが大切なので、一緒に会社のこと、運用のことを考えていきましょうという姿勢でお話を伺うようにしています。また、お客さまにプラスとなる情報や商品を提案できるよう、情報収集や学びには力を入れています。

お客さまから「成長したね、頼りにしているよ」と声をかけていただいたときは、本当に嬉しかったです。お客さまの役に立てるよう、もっと頑張ろうと思いました。将来的には経験を生かして、地域の発展につながる仕事にも携わりたいです。

上司や先輩はとにかく優しく、落ち込んでいるときはさりげなく食事に連れ出してくれたり、仕事の相談にも乗ってくれます。同期とも仲が良く、よく飲みに行ったり、旅行にも行きます。同期が頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろうと励みになります。

個人得意先係
個人得意先係 特定職(エリア)
自身の成長とともに、
道銀ファンを増やしていきたい
営業店 
2015年入行
村田 咲希 Saki Murata

経営学部出身。2015年に入行し、CS係を経て、個人得意先係に。貯蓄方法や保険の見直し、相続に関することなどを幅広く提案。休日は同期とBBQや温泉を楽しむ。3年前からはゴルフも始めた。

札幌出身ですが、関西の大学へ進学。就職する際、道民の皆さんに貢献できる仕事がしたいと思い、Uターンすることにしました。入行を決めたのは、道銀に勤める大学の先輩たちに仕事内容や職場の雰囲気などの話を聞き、ここならば自分を成長させることができる、安心して働けると思ったからです。

仕事に関しては、日々勉強です。毎日異なるお客さまと面談をする中で、それぞれのお客さまに寄り添った形で関わりを持つようにしています。窓口業務、渉外業務でたくさんのお客さまとやりとりをさせていただき、自分の中の引き出しも増えたとは思いますが、難しいと思うこともまだあります。

業務で行き詰ったり、悩んだ際には、同じ支店の先輩や上司、あるいは同期に相談します。道銀の魅力は、この「人」だと思っています。気さくな人が多く、相談しやすいので、問題を1人で抱え込むことは少ないです。周りに支えられ、また頑張ろうと思えます。ハード面では、資格試験の取得や各種研修などのバックアップがしっかりしているのもありがたいです。

これからの目標のひとつは、道銀ファンを増やしていくこと。そして、これまでの経験を生かして後輩たちをサポートしていければと思います。

本部業務
本部業務 総合職
若手の頑張りや成長を
評価してくれる職場
本部(デジタル戦略部) 
2013年入行
工藤 智也 Tomoya Kudo

経営学部出身。2013年に入行し、CS係、法人融資係、個人得意先係、個人融資係、法人得意先係と各係を経験し、2019年からデジタル戦略部へ。休日の楽しみは、おととし誕生した子どもと過ごすこと。

大学は東京でしたが、地元が北海道だったこともあり道内企業を希望。経済の流れを知るのが好きで、経済を身近に感じられる金融業界を目指していました。北海道銀行に入行したいと思ったのは、面接官が話しやすかったのもありますが、自分という人間を見てくれていると感じたからです。

実際、働き始めて、行内の風通しの良さを実感しています。比較的若い職員が多く、話がしやすいというのも風通しの良さにつながっているのかもしれません。また、仕事の頑張りをきちんと評価してもらえる環境も当行の魅力だと思います。

入行して8年目になりますが、お客さまのためを考え、チームで仕事をしていく意識を持つことも大事だと学びましたし、お客さまの役に立てたという気持ちは、仕事をする上でのモチベーションや自身の成長にもつながると感じています。

銀行業務の主だった業務をほとんど経験させてもらい、現在はQRコード決済の推進を進める新しい部署に所属。立ち上げからだったので大変なこともありましたが、成長するチャンスを与えてもらえたと思っています。知識や経験を深め、お客さまへの提案の引き出しを増やすためにも、自分自身をアップデートしていきたいです。

個人融資係
個人融資係 特定職(エリア)
お客さまのニーズをキャッチし、
素早い対応を心掛けています
住宅ローンプラザ 
2016年入行
三浦 幸恵 Yukie Miura

経営学部出身。2016年に入行し、CS係を経て、個人融資を担当。住宅ローンだけでなく、投資信託や保険など幅広く知識を身につけるべく日々勉強に励む。趣味は読書や映画鑑賞。

 金融を中心に就職活動を進める中、当行は一人ひとりの人間性を重視しているのが魅力的でした。また、札幌勤務を希望していたので、遠方へ転勤がない特定職がある当行に入行しました。

現在は、個人融資を担当しています。法人と異なり、初めてローンを組む方も窓口にはたくさんいらっしゃいますので、お客さまが何を望んでいるのか、どんなことを知りたいのかを素早く正しく理解し、ニーズに応えられる接客を心掛けています。

新人の頃は、必要以上に時間がかかったり、スムーズに対応できず情けないと思ったこともありました。しかし、分からないことを先に先輩に質問しておいたり、教えてもらったことをノートにまとめるなど、不安なことはすぐに解消するようにしました。お客さまからすれば、たとえ新人でも銀行員は全員金融のプロなので、早く一人前にならなければと思いました。

先輩や上司は気さくな人が多く、質問しやすい雰囲気も当行の特色です。また、個々のキャリアアップのため、さまざまな研修会が開催されたり、資格取得のための教育プログラムも充実しています。こうして身に付けた知識をお客さまのために活用し、提案していければと思います。

CS係
CS係 一般職
教育制度が整っており、
若手行員が成長しやすい環境です
営業店 
2016年入行
仁木 ななせ Nanase Niki

文学部出身。2016年に入行し、現支店のCS係に配属。窓口業務の際は、笑顔を忘れないように気を付けている。長期の休みを利用して旅行へ行くのが楽しみ。

地域に密着している道内企業に就職したいと考え、お金を通じて地域貢献できる当行を志望しました。入行してからは、営業係として窓口業務を担当しています。現金を扱うので、正確に処理するべく、いつも慎重に作業を行っています。

新人の頃は、お客さまとのやり取りだけで精一杯でしたが、最近はお客さまと会話をし、コミュニケーションを取りながら金融商品を提案する余裕もできてきました。お客さまに商品を提案した際、「どうしようか迷っていたときにいい商品を知ることができた、ありがとう」と言っていただけたのは嬉しかったです。また、ご契約をいただけると、やりがいにもつながります。

窓口で、多くのお客さまから「昔から道銀を利用している」と伺います。そのたびに、当行が地元に根差した歴史ある銀行であると実感します。私も道銀の一員として、地域とともに成長していきたいです。

当行は、行員の教育に力を入れており、若手が成長しやすい環境が整っていると思います。私も学びを通じて、支店の先輩たちのように豊富な知識を身につけ、お客さまに喜んでいただける提案をできるようになりたいです。また、先輩たちにしてもらったように、私自身も後輩に丁寧かつ的確に仕事を教えられるよう頑張りたいです。