北海道銀行RECRUITING
PERSON #01

地元への貢献に大きなやりがいを実感。

上田 智己

本店法人営業部
法人得意先係
2017年入行

2017年入行。北海道出身。地元に貢献したいと北海道銀行への入行を志望。現在は本店法人営業部にて50社以上のお客さまを担当。学生時代は野球に打ち込んだスポーツマン。現在もオフタイムはジムやゴルフなどで汗を流している。

Career Pathキャリアパス

入社〜3年目
函館駅前支店
1年目は窓口業務を通して銀行業務の基礎を学ぶ
2年目から法人融資係を担当
4年目〜
本店法人営業部
組織改編により
現在の所属部署は本店法人営業部に変更
法人営業担当としてお客さまの支援を行う

融資の相談から、課題解決まで。
日々勉強が欠かせません。

私は2017年に入行し、現在は本店法人営業部に所属しています。ご融資に関する相談を中心として、企業が抱えている課題の解決などのコンサルティング業務も行っています。担当している企業は業種も課題もさまざまなので、幅広い知識を身に付けなければなりません。ですから、自分なりにですが「日々勉強」を心がけています。

直近の業務では、新型コロナウイルスによる被害を受けたお客さまの支援を行いました。このような社会状況で、資金を必要とするお客さまはたくさんいらっしゃいます。そこで国や道のコロナ対策資金を活用し、迅速にお客さまの資金対応をさせていただきました。

また、当行と北陸銀行の連携による「ほくほくビジネスマッチング」で、お客さま同士を結びつけるお手伝いもしています。道内の企業さまがひとりで本州まで行っても、なかなか商談までこぎつけることは難しいと思います。数多くの取引先を持つ銀行ならではの支援ではないかと思います。

北海道銀行を一言で表すなら、
「若手が活躍できる職場」です。

私自身は就職活動で、「社会貢献度、やりがい、自分自身が成長できる環境」という3点を大切にしていました。 北海道銀行は、多くの企業と関わりがあり社会貢献度が高い仕事ができること、また、地元である北海道経済を支えられることも魅力に感じ入行を決めました。また、就職活動を通して出会った方々に惹かれ、「この会社で一緒に働きたい」と思えたことも理由の一つです。

当行を一言で表すとしたら、「若手が活躍できる職場」だと思います。私も2年目から法人融資の担当先を持たせていただき、ひとりで経営者の方々とお話しする機会が数多くありました。当然、経営者の方は目上の人が多いので緊張した場面もありました。ですが、事前に3週間かけて法人融資の研修会を受けることができたので、法人担当者としての基礎知識は学んだ上でお客様との面談に臨むことができました。

職場には同年代の行員が多く、風通しのいい雰囲気があります。先輩・上司にも相談しやすいため、今では自信を持ってお客さまとお話しできています。

就職活動での経験が、
今の業務にも活きています。

私の周りには、「将来こうなりたい」と思える先輩・上司がたくさんいます。そんな方々のように、自分自身も5年後には支店の中心として後輩の模範となりたい。そのために今は、さまざまな仕事に積極的に取り組んで、少しでも自分の幅を広げられるように毎日を過ごしています。

私は就職活動で多数の企業を訪問し説明会に参加しました。その時に聞いた様々な業界の方のお話は、今の法人営業の仕事にも生きていると感じます。ですので、皆さんにも多数の企業を見ていただき「自分が本当にやりたいこと」を深掘りして、後悔のない就職活動を送ってもらいたいと思います。

北海道銀行は働きやすい職場環境であり、北海道経済への貢献度が高くやりがいのある仕事ができると思います。また、自分自身の成長にも繋がる会社だと自信を持って言えます。皆さまと一緒に働ける日を心待ちにしています!

Schedule一日のスケジュール

AM
8:30
出勤
8:40
始業朝礼・メールチェックなど
9:00
デスクワーク稟議書・報告書・資料作成など
12:00
お昼休憩チームメンバーと昼食
PM
13:00
外訪お客さまとの打合せ・ヒアリング・ご提案など
16:00
会議・勉強会など月に1回のペースで実施
17:00
退勤
長期休暇を利用して、同期の職員とタイ旅行に行きました。